IIoTとインダストリー4.0への組み込み

Embedded in your success!

IIoTおよびインダストリー4.0への流れにより、組み込みコンピュータ技術が利用される方法が大きく変わりました。IoT接続性は、非常に異なるソリューションアプローチへとつながる幅広い範囲にわたる分野です。統合ゲートウェイと専用の外部ゲートウェイまたはエッジサーバーの両方が使用されます。ビッグデータはデジタルコピーを正確にマッピングするために全てがクラウドに転送されるか、関連する情報とステータスの変化のみを報告する目的でローカルで分析されます。転送モードもまた大きく異なります。LPWAN技術などのサイドチャネルを介した散発性の接続から、固定またはモバイルネットワークを通したブロードバンド接続にいたるまで、様々なものがあります。

IIoTに潜む課題
 

OEMは、多様なオプションの中から最適なものを選ぶという課題を抱えています。更に、OEMは様々な種類の通信規格やクラウドソリューションを考慮する必要があり、これらのすべてに対して固有のインターフェース要件が存在します。こうした状況の中、実際には、OEMは他の機械や装置、供給システムとのデータ交換を組織化するため、予知保全データを収集し評価するため、また、使用ごとの支払いや機能ベースのライセンスソリューションを開発することを求めて、IIoTとインダストリー4.0アプリケーションの開発への専念を望んでいます。IIoTベースのサービス向けの良好なビジネスプロセス統合ソリューションを開発するだけでも、非常に複雑なことです。このため、少なくともトランスポート層と通信層においては、システムからアプリケーションクラウドまでのエンドツーエンドのデータパスは、OEMのハードウェア開発パートナーが提供する必要があります。必要であれば、標準のイーサネットインターフェースを通したリアルタイムのサポートも必要です。例えば、Time Sensitive Networking(TSN)によって実現したビデオ会議中などの、膨大なデータトラフィックを計算処理する場合にもサポートが必要です。

オプションのクラウド接続性
 

コンガテックジャパン(congatec)が提供する組み込みボードとモジュールは、SGET UIC(ユニバーサルインターネットコネクタ)規格に対応しているため、簡単に実装できる市販のIoTクラウド接続性を提供します。モジュール設計のため、OEMが持つ特有のニーズに合わせて、非常に簡単かつ柔軟に、素早く適応させることができます。このため、顧客はカスタマイズされたOEMクラウドを通して、非常に柔軟な方法でコンガテックジャパン(congatec)が提供する組み込みハードウェアを監視、管理および維持することができます。OEMに特有のハードウェア拡張やアプリケーション監視向けのUICコンポーネントが不足している場合は、必要に応じて補足することができます。

リアルタイム機能
 

コンガテックジャパン(congatec)では製品を開発するにあたり、リアルタイム機能に特に専念しています。コンガテックジャパン(congatec)が手がけるBIOS/UEFI実装はとりわけ品質が高く、OEM顧客に対するリアルタイム結果の大幅な改善を実現します。OSADLとの提携により、非常に長期にわたりこのリアルタイム機能を試験することが可能です。

コンガテックジャパン(congatec)で未来に向けた準備を万全に!
 

コンガテックジャパン(congatec)が提供する組み込みボードとモジュールは、現行するすべてのIIoTとインダストリー4.0プロジェクトや将来のすべてのIIoTとインダストリー4.0に最適な選択となります。使用にあたり市販の標準的なコンピュータ技術では満たすことができない特別な要件が存在する場合、コンガテックジャパン(congatec)ではハードウェアおよびファームウェアに修正を加えるための様々なオプションも提供しています。プラットフォーム開発を完成するために必要となるBIOS/UEFIの採用から個々のボード組み立てにいたるまで、すべてを実現します。

パフォーマンススペクトルには、リアルタイムシステムをゲートウェイから分離するためのハードウェア補助仮想化を備えたエネルギー効率の高い超低電力ARMプロセッサ技術から、リアルタイムエッジコンピューティング向けのハイエンドx86マルチコアシステムにいたるまで、さまざまなものがあります。修正はすべて、IIoTおよびインダストリー4.0に向けた用途要件を満たすように設計されており、大規模な現場での展開をリモート管理するため、デバイス側においては包括的な機能を提供します。組み込みコンピューティングメーカーのコミュニティの間で広くサポートされている基準を積極的に推進し、クラウドエコシステムを絶えず拡張すること(例えばSGETのユニバーサルIoTコネクタ)で、OEMはシステムを非常に効率的に接続することができます。

高レベルのセキュリティーを実装
 

コンガテックジャパン(congatec)では豊富なBIOS/UEFIセキュリティオプションを提供すると共にTrusted Platform Module(TPM)にも対応しているため、お客様はお客様に特有のソリューション要件に最適な高レベルのセキュリティを実装することが可能です。

リアルタイムハイパーバイザーのサポートに完全適合
 

Real-Time Systems社から提供されるハイパーバイザーサポートにより、コンガテックジャパン(congatec)の組み込みコンピュータ技術が更に魅力的になりました。リアルタイム機能に影響を与えることなく、単一のマルチコアx86プラットフォームに複数のオペレーティングシステムをインストールすることが可能です。それぞれのサブアプリケーションに適切なオペレーティングシステムを実装することができます。VxWorksを使ったリアルタイムデータ収集、Windowsを採用したユーザーインターフェース、Linuxを採用したファイアウォールなどが可能です。Real-Time Systems社はコンガテックジャパン(congatec)が完全所有する子会社であるため、両社間の距離は非常に密接しており、OEMは事例に提供されるサポートの点において時間的なメリットが得られ、異なった分野にまたがるソリューションを推進することができます。

実際の活用
 

顧客プロジェクトの一環として、フルカスタムOEMデザインとして開発されたコンガテックジャパン(congatec)のIIoTゲートウェイは、非常に異機種環境のローカル要件に適応しなければならない超小型IoTゲートウェイ設計向けのアプリケーション対応プラットフォームです。モジュラーインターフェースの概念に基づき、多様なアンテナを備えたこのプラットフォームは、IIoTソリューションプロバイダーやIIoTネットワークインテグレータにとって理想的です。今回のケーススタディにおける重要な点は、ワイヤレステクノロジ統合におけるコンガテックジャパン(congatec)の設計能力と、OEMが自社のアプリケーションにも統合できる、複数のワイヤレスモジュールに対応する検証済みのドライバーにあります。コンガテックジャパン(congatec) IIoTゲートウェイの詳細についてはこちらをご覧ください。

あなたのプロジェクトに必要な要件は何ですか?

まずは、今すぐご連絡ください!最新の組込みコンピューティング技術で、お客様のIIoTおよびインダストリー4.0プロジェクトをサポートします。主要なPICMGおよびSGET規格に基づいて開発された当社のソリューションが業界に特化した包括的なドライバーサポートを提供するとともに、フルカスタムデザインまでをカバーする納得できる幅広いサービスとサポートを提供することで、お客様のソリューションへの統合を非常に容易に実現します。

 

詳細はこちら