Congatec AG
We simplify the use of embedded technology

Press Releases

4. August 2016

ongatec が SMARC 2.0規格に準拠に対応

SMARC 2.0: Qseven と COM Expressの中間に位置する効果的ソリューション

Tokyo, Japan,  August 4 2016  * * *  組み込みコンピューターモジュール、シングルボードコンピューター(SBC )、組み込みデザイン/製造(EDM ) サービスで業界をリードするテクノロジー企業、congatec は、SGET (Standardization Group for Embedded Technologies e.V.) によって数日前に公開されたばかりの新規格 SMARC 2.0 に完全対応したことを発表しました。この主要テクノロジーの適用により、congatec の広範なコンピューター・オン・モジュール (CoM) の主力製品ポートフォリオ、Qseven と COM Express の中間に理想的に位置づけられたソリューションの新ブランドが加わることになります。congatec 初の SMARC 2.0 モジュールと、広範なソフトウェア、ドライバー、BIOS サポートなどを含むキャリアボードやスターターキットは 8 月に提供を開始します。 

SMARC 2.0 の規格の策定に際し、SGET において中心的な役割を果たした congatec が同規格に対応することは、社内関係者にとって明白です。この新規格は、組み込みコンピューター・オン・モジュール (CoM) テクノロジーの新時代の到来を告げるものです。特にマルチメディア指向の、モノのインターネット (IoT) に接続された小型システム専用に設計されています。 

congatec のマーケティング担当ディレクターであり、SGET ボードのメンバーおよび SMARC 2.0 スペックエディターも務めるクリスティアン・エダー(Christian Eder)は、新規格の重要性について次のようにコメントしています。「リビジョン 2.0 は SMARC を最高品質レベルまで向上させており、お客様に自信を持っておすすめできます。ランダムすぎる代替機能ブロックなど、以前のバージョンが抱えていた既知の問題を解消したことで、お客様が SMARC テクノロジーをより受け入れやすくなり、長期的な提供を保証しています。SMARC 2.0 は、非常に成功的なモジュール規格となるにふさわしい必要条件をすべて兼ね備えており、市場でも大きなシェアを獲得することになるでしょう。」

congatec AG のジェイソン・カールソン (Jason Carlson) は次のように説明しています。「congatec がドラフトエディターを務めることで、この新規格の進歩的な機能強化を大いに牽引することができました。EMEA 地域におけるコンピューター・オン・モジュール (CoM) の 市場リーダーとして、 この先何年も市場ニーズに対応する規格として SMARC 2.0 を位置づけるために、当社の知識と市場経験を駆使しました。SMARC 2.0 は、当社の既存の Qseven と COM Express の製品・サービスを補完するものと考えています。3 つのすべてのプラットフォームに対応することで、お客様の拡大しつつあるニーズに適合する、より広範な製品・サービスの提供を実現します。」

SMARC 2.0 は、最先端のシリアル IO、モノのインターネット (IoT)、ネットワークおよびビデオインターフェースを豊富に取り揃えているため、幅広いマルチメディアおよびグラフィック指向のモノのインターネット (IoT) アプリケーションに適しています。SMARC は、超低消費電力組み込みシステム向けの堅牢かつ超低出力な  Qseven 規格と、高性能組み込み設計専用の機能豊富な COM Express 規格の中間に理想的に位置づけられています。 

SMARC 2.0 の技術的ハイライト

SMARC 1.1 から 2.0 へと大きな飛躍を遂げたことで、確立された CoM 市場における SMARC の立ち位置が明確に定義されました。基本として SMARC 2.0 をマルチメディアに特化させることで、MXM 3.0 コネクタの 314 極を用いた、最大 4 つのビデオ出力をサポートする様々なマルチメディアインターフェースを提供します。 2x 24 ビット LVDS / eDP / HDMI を含む MIPI DSI/DP++ および DP++ を実行、さらに、HDA および I2S バスを搭載した 2 つの MIPI カメラインターフェースと、2 つの オーディオインターフェースを用意しています。SMARC 2.0 は現在、2 ポートの USB 3.0 ポート、モノのインターネット (IoT) の縦列接続に対応した 第2 のイーサネットポート、第4 の PCI Express Lane、1 ポートの eSPI ポートを含む最大 6 ポートの USB ポートに対応した追加用 USB ポートを装備しています。また、カメラおよびディスプレイ用パラレルポートなどの古いインターフェース、代替機能ブロック、オフモジュール eMMC、SPDIF、3 チャンネルの I2S チャンネルのうち 1 チャンネルを仕様から除外しました。